ESGの取り組みESG

JR九州グループでは、事業を通じて
地域社会へ貢献する企業グループであり続けるために、
環境・社会・ガバナンス(ESG)の取り組みを
強化・推進しております。
わたしたちは、JR九州グループの基幹商社として、
持続可能な社会の実現に貢献するため、
責任ある企業として地球環境保全に
取り組むこととしております。
その一環として、社会貢献活動に取り組んでおります。

社会貢献活動

森林保全活動

当社は、熊本県が推進する「企業・法人等との協働の森づくりに関する指針」に賛同し、「JR九州商事の森 ゆのまえ」として、2019年11月より熊本県球磨郡湯前町において森林保全活動に取り組んでおります。
当活動では、湯前町の町有林において、植林や下刈り、防護柵の設置などを行います。また、森林への理解と関心を深めてもらうために年に1度、社員と家族、地元関係者で保全活動も行います。

FSC認証紙

ネットカタログ等を通じて、「FSC認証紙」製品を提供しています。「FSC認証紙」とは生物の多様性、水資源、土壌等の環境に配慮し、適切に管理及び伐採された森林木材に由来する製品であることが証明された紙です。

使用済みきっぷの再生利用

1995年度より使用済みきっぷを回収してリサイクルに取り組んでいます。回収したきっぷは製紙工場で、裏面の磁気部分を分離してトイレットペーパーに再生します。2018年度は約64トンのきっぷがトイレットペーパーに再生され、JR九州の駅や列車内で利用されています。